誰も言わなかったお金儲けのコツ

お金儲けのコツとは?

ビジネスで儲けを出すには
どうすればいいのでしょうか?

・お客さんの数をもっと増やす
・購入頻度を上げてもらう
・経費を節約してコストを削減する

どれも正しいですが儲けを出すために
一番大事なことはそこではありません。

では一体何が大事かと言うと、
それはできるだけ高く商品を売ることです。

正しい価格戦略とは?

日本では、現在 売る側も1円でも安い価格で提供すること、買う側もスーパーをはしごして1円でも安く買うことに一生懸命になっています。

もしあなたの商品を今の価格よりも、
高い価格で売ることができれば、
ビジネスは生まれかわります。

利益は何倍にもなるでしょう。

それを自分の収入としてもいいし、
その分、広告費などにも投資して
もっと事業を拡大してもいいでしょう。

しかし、単に価格を高くするだけでは
売れにくくなってしまうだけです。

では高く売るにはどうすればいいのでしょうか?

それがこの本
「世界一ずる賢い価格戦略」のテーマです。

この本には、

・商品を高く売る秘訣
・割引するときの見せ方
・無料の使い方
・不況下での価格戦略

などなど、
買う側の価格に対する心理を鋭く突いた
誰も言わなかったお金儲けのコツが書いてあります。

そして実はこの本には
もっと大事なことが書いてあります。

それは価格を間違えると
商品は「売れない」ということ。

人は缶ジュースに1万円も出して
買ったりはしないように

どれだけ付加価値を付けても
商品の価格を間違えてしまうと
さっぱり売れないのです。

つまり価格ひとつでせっかくの商品を
ダメにしてしまうことが多々あるわけです。

もし、自分の商品・サービスを
もっと高い価格、本来の価値の分の価格
で売りたいと思うなら、この本は必読です。

世界一ずる賢い価格戦略

どういう商品がいくらで売れるのかを
事前に知っていれば利益を最大化するのも
そう難しい話ではありません。

もしあなたが、 何かを売る仕事をしているなら、、
何か新しいビジネスを考えているなら、、
売っても売っても利益が出なくて困っているなら、、

オススメなので
是非チェックしてみてください。↓↓

世界一ずる賢い価格戦略をチェックする

1回 1000万円のコンサルタント

著者のダン・ケネディは、世界屈指の億万長者メーカー。マーケティングコンサルタントとして知られています。そして彼のフィーは超高額で有名です。コンサルティング料金は1日最低128万円。コーチングプログラムは年間320万円。

そして、広告キャンペーンのプロジェクトとなると、1プロジェクトあたり1000万円以上+売上に応じた%ロイヤリティがかかります。

こんな料金で誰が申し込むんだ?と思うかもしれませんが、実際は、これらの超高額なサービスはいつも完売御礼、キャンセル待ちの状態です。

つまり、この本で彼が語る価格戦略は、実際に高額な商品サービスを売ったこともないような理論家のものではありません。実践で使った、価格戦略なのです。あなたは価格設定でこんな間違いしていませんか?

エイヤッ!と自分の「直感」で価格を決めてしまう…「あそこが1万円くらいだからウチは…」競合と同じような価格帯にとどめてしまう…「原価が3,000円かかったから、これくらいで」原価がいくらだから、これくらいの利益を乗っけていくら、と決めてしまう…

このような間違いは、あなたも身に覚えがあると思います。しかし、この本によれば、これらの間違いは、次の最大の間違いに比べれば小さな事でそれは・・・お客から見て、自分の商品がいくらの価格が適正なのか、そのポジショニングを知らないということです。

あなたが、そのやり方に知りたいなら、今すぐ自分でチェックしてみて下さい。

世界一ずる賢い価格戦略をチェックする

きっとあなたの考えや人生をより良い方向に変えるのに役立つと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

世界を知り尽くしたビジネスマン 海外で駐在員として12年生活し、世界40カ国以上を旅しました。小さい頃からの夢だった海外での生活。それを実現させるために大手のメーカーに就職し、海外で欧米の大手企業とビジネスの土俵で闘ってきました。 しかし、より自由に行きたいという気持ちが高まり、サラリーマンに限界を感じ、起業を決意しました。 また自由な生活を求めるサラリーマンが経験や知識を活かしながら、最小限のリスクで時間やお金をかけずに副業という形で起業をスタートさせる方法を共有出来ればと思います。 人生を楽しむために多くの人との素敵なつながりをトライ中です。 いつの時も上を向いて歩いて行きたいと思います。 明るい未来に向かって。 人生と言う旅路を精いっぱい楽しみながら。