ふつうの人が”成功”する方法は、これ!

成功するための方法とは?

実は、、、

いつも成功している5%の人には
ある秘訣があります。

「成功」というものを考えたとき、
人は2種類にわけられます。

いつも成功する人と、
いつも失敗する人です。

「ガイアの夜明け」や
「カンブリア宮殿」にも出演。

多くのメディアが注目の
原田隆史先生が

中学教師として、
陸上部の監督として、
大学や企業研修の指導者として、

また、原田先生が主宰している教師塾、企業人塾の塾頭として、
過去20年間にわたり8万人以上の人たちを
指導してきた結果から明らかになったことは、、

いつも同じ成功する人が5%
いつも同じ失敗をする人が95%

ということなのです。

95%の人は、どうすれば目標を達成できるのか?
成功できるのか?

という方法を知らないために、
いつも失敗を繰り返します。

反対に5%のいつも成功する人は、
「天才」や「カリスマ」「奇跡」などと呼ばれます。

いつも成功する5%の人の
方法とは、、、、

この本で明らかにされます!

達成する人の法則をチェックする

「達成する人の法則(書籍)」の実績

【実績1】
7年間で13回も陸上部を日本一に導く

【実績2】
ユニクロの柳井さん、京セラの稲盛さんも絶賛&導入

【実績3】
420社、8万4000人以上のビジネスマンが実践

【実績4】
「カンブリア宮殿」
「ガイアの夜明け」でも紹介。

【実績5】
英語や中国語、ドイツ語、など
24ヶ国で翻訳&出版

【実績6】
武田薬品工業、野村証券、キリンビール、
三菱UFJ信託銀行、神戸マツダ、
カネボウ化粧品、住友生命保険、
第一電材などの企業研修でも導入。

【実績7】
考案者の原田先生は、
三重県政策アドバイザー
奈良市生徒指導スーパーバイザー
高知市教育アドバイザー
元埼玉県教育委員
一般社団法人JAPANセルフマネジメント協会 代表理事
一般財団法人クラスジャパン教育機構 会長

などを歴任。

【実績8】
あの大前研一が学長の
ビジネス・ブレークスルー大学の
経営学部 教授

【実績9】
最年少は4歳
最年長は86歳がこの方法を実践。

【実績10】
ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手、日ハムの清宮選手など
一流プロアスリートも実践。

【実績11】
本の評価は★4.6(5点満点)

【実績12】
参加費20万円の原田先生のセミナーが40席即満席。

著者紹介

原田隆史

大阪府生まれ。奈良教育大学卒業後、大阪市内の公立中学校に20年間勤務。問題を抱える教育現場を次々と立て直し、地元大阪では「生活指導の神様」と呼ばれる。独自の育成手法「原田メソッド」で、勤務3校目の陸上競技部を7年間で13回日本一に導く。

2003年以降は、企業の人材教育の分野でも活躍。420社、8万4000人以上を指導してきた。「原田メソッド」に多くの企業の経営者が注目し、ユニクロ、カネボウ化粧品、野村證券、武田薬品工業、キリンビールなどの企業研修・人材教育を歴任している。

まとめ

通常価格2,980円の書籍が期間限定で無料で手に入れることが出来ます。

もし、あなたが自分の人生を変えて成功してみたいと思うなら、

この本の紹介をチェックして見て下さい。

今なら無料で手に入るチャンスなので、ぜひこのチャンスを見逃して後悔しないでください。

チャンスを活かして「達成する人の法則」の紹介をみる

 

副業で起業して自由な人生を楽しもう!

稼ぐために有益な情報を配信中。 メルマガ登録はコチラから↓↓
*メールアドレス
*お名前(姓)
配信停止は、いつでもできます。お預かりした情報は保護されます 迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

世界を知り尽くしたビジネスマン 海外で駐在員として12年生活し、世界40カ国以上を旅しました。小さい頃からの夢だった海外での生活。それを実現させるために大手のメーカーに就職し、海外で欧米の大手企業とビジネスの土俵で闘ってきました。 しかし、より自由に行きたいという気持ちが高まり、サラリーマンに限界を感じ、起業を決意しました。 また自由な生活を求めるサラリーマンが経験や知識を活かしながら、最小限のリスクで時間やお金をかけずに副業という形で起業をスタートさせる方法を共有出来ればと思います。 人生を楽しむために多くの人との素敵なつながりをトライ中です。 いつの時も上を向いて歩いて行きたいと思います。 明るい未来に向かって。 人生と言う旅路を精いっぱい楽しみながら。