斎藤一人 – 仕掛けを作る (商売、ブランドの話)

今回は、ビジネスにも活かせる斎藤一人さんの仕掛け作りのお話です。

よろしいですか?
京都行くと懐石料理ってのがあるんですよ。

この懐石料理は、どういうもんですかっつうと、少ない材料で、高い金をとろうという仕掛けの下に作られてるんです。

わかりますよね?

(動画を見たい方は、コチラをどうぞ↓↓)

いちいち出すときに、このハムは、どこの海峡で取れて、このジャガイモは、どこで取れたジャガイモでとか。
この菜っ葉は、どこの菜っ葉でとかいちいち言われると、えらくいろんなところから持ってきたような気がするけど、買い物してる場所は、市場と決まってるんだよね。

一か所で揃うんだけど、いちいちいうんだよ。
量は少ないんだけど、入れ物はでかいんだよ。

これは、どういうことですかっていうと、人間は一日500円、一回500円とか1000円のものくってるやつもいるけど、50倍とか100倍の収入のやつもいるんだよ。
だから、一回2万円出したってかまわない人もいるんだけど、金持ちだからって、人の20倍の飯くっちゃうわけにはいかないんだよ。

そうすると、土台がだね、金持ってる奴ほど働かねえから、ほんとは、食欲もないんだよ。
それで、体動かさないから、塩分も辛いもんも取れないんだよ。

元々、貴族にくわせるために作ったもんだから、女に会いに行くのに、牛の車かなんかに乗ってだらだら行くような連中だから、汗かかないんだよ。
汗かかねえと、塩分が受け付けなくなってくるんだよ。
そうすると、薄味になっちゃって。
最初にね、一生懸命じーっと考えたやつがいるんだ、そういうことを。

それが、後になってくると、あきんどの腕がわかんなくなってくる。
これが、伝統ですとか言って、薄いのくわしってけど。

伝統でも何でもないんだ。
最初に、そういうことを考えたやつがいるんだ。
仕掛けを。わかるかい?

商売には「仕掛け人」がいる

例えば、シャネルのバックってのは、通ぶってるやつは、今はデザイナーがシャネルが死んで、なんとかさんが、デザインやってんのよっていうんだよね。

自分は、通ぶってるけど、デザイナーなんかに、世界戦略なんかできるわけないんだよ。
デザイナーの後ろで、世界戦略を考えてるやつがいるんだよ。

懐石料理とおんなじで、この牛は、どういう牛使ってて、特別の皮でとかいうんだよ。
特別な牛なんかいるわけねえんだよ。

この前、車のジャガーの話聞いてたら、氷に浸かってるジャガーの牛は、傷つかないようにして、鉄条網を貼らずに作って、どうのこうのって聞いてると、たかだかイスなのに、すげえことしてるように思っちゃうけど、この牛肉どうしたのとか、販売したんじゃないのとか。
牛は、そんなこと関係なく喧嘩したりね、転んだりしてて、そんなかで生きてんだよ。

何言いたいかっていうと、じっと戦略をたてて、仕掛けを作ってるやつがいるんだよ。

そいで、すごくね、このカバン、牛革を使ってどうのこうのって言ってるうちに、最後に重くて、持ちづらくなっちゃったんだよ。
その辺で買いもんしてるおばちゃんのビニール袋の方が使いやすくなっちゃったんだよ。
そしたら、そのビニール袋に、シャネルのマークなんかつけて、限定とかっていうと、金持ったやつが、朝6時から並んでるんだよ。

わかるかい?
じーっと仕掛けを作ってるやつがいるんだよ。

シャネルのバック買うなつってるんじゃないんだよ。
シャネルのバック作ってるデザイナーの後ろで、じーっと考え事をしてるやつがいるんだよ。
いなきゃできるわけがないんだよ。

そうすると、シャンジェリーゼ通りとか、いい場所かなんかにポツンと店出して、暇そうな店なのに、豪華にしてんだよ。
すごい店だなって思うけど、店を通らずに、流れてるところで膨大な利益を出してるんだよ。
わかるかい?

金儲けの2つの鉄則

日本人の商人は、腕悪いから、何かと言うと値下げ値下げって、値下げしかしないんだよ。
日本人が、こっち行きゃ1円安い、こっち行きゃ1円安い。
あきんどは、もう値下げ競争で、自分の首絞めて、客は、こっちが安い、あっちが安いとか安いとこ駆けずり回って、残った金は、どうするんですかつうと、残った金は、チラチラチラチラバックなんか出されて、限定ですよとかって、みんな金とられちゃうんだよ。

わかるかい?
これが、仕掛けができないんだよ。

バック買うなっつってんじゃないんだよ。
買ってもいいから、後ろにすごいやつがいるんだ。
すげえ野郎が、後ろで世界戦略練ってんだ。
ていうことを覚えなきゃいけないんだよ。

人が、買いたくなるような仕掛けをしてるんだよ。
中国人なんかだと、華僑って世界出かけていくと、金儲けの鉄則は、2つしかないんだよ。

1つは、売ったものがすぐなくなればいいんだよ。
だから、すぐ中華料理やなんかやる。

中華料理っていうのは、どんな豪華…
100万円の料理出されたって、食わなきゃ腐っちゃうから、くっちゃえばうんこになっちゃうんだよ。
すぐなくなっちゃうんだよ。

今日300万の飯食ったって、明日になりゃ腹減るんだよ。
そういうことになってんだよ。
だから、売ったもんがすぐなくなっちゃえば儲かるって知ってるから、中華料理みたいのだして、ずっと世界戦略してんだよ。

もう一つは、金持ちから金とっちゃえばいい。

一生懸命、人は、いろんなことするんだよ。

武器売るやつもいりゃーね、なんていうの?
売春宿のオヤジになるやつもいる。
いろんなことするんだよ。

だけど、金持ったらどうなるかっていうと、金持ちは最後は宝石だとかダイヤモンドとか買うんだよ。
だから、ユダヤってのは、ダイヤモンドずーっと握ってんだよ。
世界中からダイヤが出てくると、全部買っちゃうんだよ。

ほとんどはね、海の一番深いところにすてちゃってんだよ。
当たり前じゃん。
全部出したら、値段がどのくらい下がるか。
値段が下がんないように操作してるんだよ。

それで、金持ちがやっと上がってくると、男は、必ず女作るんだよ。
女作ると、女が欲しがるのはダイヤモンドだとか決まってんだよ。
わかるかい?
そうすると、ダイヤをチラチラチラチラ売ってんだよ。

わかるかい?
世界では、とんでもなく頭のいいやつがいて、そいつがいろんな仕掛けをしてるんだよ。
これが、現実なの。

流れを知ろう

だから、しっかりとした仕掛けを考えないで、引っかかることばっかしに、熱入れてちゃダメなの。
俺たち商人は、外国の商人は何考えてんだ。
それが、太刀打ちできるようになれば、初めて世界に通じる日本が復興するってのはそういうことなんだよ。

わかるかい?
流れがあるんだよ。

・人の流れ。
・心の流れ。
・金の流れ。

その流れを見抜かなきゃいけないんだよ。
わかるかい?
だから、こういうようでも、お客さんが喜んでくれながら、人を紹介する。

いい商品だからって、仕掛けがなくちゃいけないんだよ。
いい商品でも、みんなが喜んで人を紹介し、自分もそれが商品券がもらえたり、お客さんに紹介したり、そういう流れとか、仕掛けを作らなきゃいけないんだよ。
わかるかい?

いま日本は、非常に苦しんでるけど。
経済の流れというのが、わからないんだよ。

いかにも、不良債権の処理ができたら、日本は復興するように見えるけど、不良債権って何ですかって。
借りた金が返せないってことだろ。
なぜ返せないのかってゆったら、中国が安い商品をバンバン作っちゃうから町工場はそこに負けてるんだよ。

不良債権がなくなったら、中国がなくなるんですか?
そんなことはないでしょ?

それから、アメリカが昔みたいに自分のとこの頭脳の結集の…
特許をタダで使わしてくれっていったんだよ。
今特許なんかタダで使ったら訴えられるんだよ。

てことは、頭脳ではアメリカに負け、人件費の安さ、働きもんでは、中国とかベトナムに負けてんだよ。

こんなに負けてるから、不良債権ができてるのにもかかわらず、不良債権が片付けば、景気が良くなるってことを、平気でゆって、そう思っちゃう国民の頭の程度を考えると、今より景気はどんどん悪くなるんだよ。

わかるかい?
その中で、一緒に堕ちてくか、それでも平気で、うちだけどんどん登っていくよう商品を作り、ちゃんとした仕掛けを作って、お客さんが喜びながら行く。
そういう会社にするか。

ここが大切なところなんだよ。
わかるかい?

だから、これから全力を尽くしながら、バブルの時っつうのは、右肩上がりだからドンドンドンドンドンドンドンドン上がっていくから、日本ていう国で、ぼっとしてたって豊かになったんだよ。

だけど、これが、日本自体が落っこってくるんだよ。
そんなかでうちだけ上がってくってのは、他所の人と同じ程度の努力では、日本と一緒に沈むしかないんだよ。
それを突破するぐらいの知恵出したとき、初めて上へ上へあがるんだよ。

「仕掛け人」になろう

シャネルのバックを作って、デザイナーだけはでてくるんだ。

当たり前だよ。
デザイナー顔だから。
だけど、脳みそ出して歩いてる奴いないだろ?

それと同じように、脳みそというのは、引っ込んでるものなんだよ。
じっとその後ろで、考えてる頭脳労働者がいるんだよ。

わかるかい?
感性だとか、デザイナーは感性だとか何とか言ってる、ひらめきだとか言ってるけど、その後ろにいるやつは、そんなもんじゃないんだよ。
じーっと考えてんだよ。

そいつらが、ほんとの俺たちの敵なんだよ。

だから、一人さんは、そんなどんな手だしてきたって一発で見破るから、引っかかることもないんだよ。

これからも、ほんとの戦いっていうのは、向こうも一人さんのこと見たことないけど。
こっちも、見たことないんだよ、そいつのこと。
けど、常に戦いはあるんだよ。

そいつが必ずいることは確かなんだよ。
まるかんに一人さんがいるように、向こうにもいるんだよ。
そいつらとの戦いなんだよ。

それで、みんなは、そういう人の弟子になったってことをしっかり覚えてんだよ。
どんな仕掛けでも見抜き、それ以上の仕掛けを作って、お客さんに喜んでいただこうっていう、そういう人の弟子になったんだから、しっかりと見抜いてね。

構造改革しようが、銀行が立ち直ろうが、中国がいることは確かなんだよ。ベトナムもいるの。
わかるよね?
北朝鮮もこれから出てくるんだよ。

働きもんで、人件費安いやつが出てくるんだよ。
そこに打ち勝って、勝って勝って勝ちぬいたとき、初めて日本人でもやれるんだ。

俺たちもやろう。

日本人が、優秀な民族はわかってるの。
ただ、仕掛けが見破れないんだよ。
だから、見破れないぐらいだから、見抜くこともできないんだよ。

わかるかい?

副業で起業して自由な人生を楽しもう!

稼ぐために有益な情報を配信中。 メルマガ登録はコチラから↓↓
*メールアドレス
*お名前(姓)
配信停止は、いつでもできます。お預かりした情報は保護されます 迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

世界を知り尽くしたビジネスマン 海外で駐在員として12年生活し、世界40カ国以上を旅しました。小さい頃からの夢だった海外での生活。それを実現させるために大手のメーカーに就職し、海外で欧米の大手企業とビジネスの土俵で闘ってきました。 しかし、より自由に行きたいという気持ちが高まり、サラリーマンに限界を感じ、起業を決意しました。 また自由な生活を求めるサラリーマンが経験や知識を活かしながら、最小限のリスクで時間やお金をかけずに副業という形で起業をスタートさせる方法を共有出来ればと思います。 人生を楽しむために多くの人との素敵なつながりをトライ中です。 いつの時も上を向いて歩いて行きたいと思います。 明るい未来に向かって。 人生と言う旅路を精いっぱい楽しみながら。