「仕事」給料明細公開 江戸時代の収入

給料明細

時代劇などで、江戸時代の庶民の生活をみると、みんな生活は苦しそうです。

「江戸っ子は宵越しの銭は持たねえ」なんて言いますが、実際はどんな暮らしをしていたのでしょうか?

 江戸にすべて一品、銭四文で売っていた「四文屋」という店がありました。いまの100円ショップみたいな感じです。銭四文=100円として、江戸時代のひとの給料明細を、現在のお金でいくらか見てみましょう。

また、Youtube動画でみたい方は、コチラをチェックしてみて下さい。↓↓

将軍の収入は?

まずは、八代将軍吉宗の収入。 吉宗の時代、享保十五年(1730年)のデータだと、年収総額は、約80万両で、領地からの年貢が約6割、残りは長崎貿易や御用金の収入です。いまのお金だと、約1300億円になります。やはり将軍はすごい!大富豪です。

 なお「加賀百万石」の前田家は、名目上の石高が102万石、明治初年の実収は135万石。年貢以外の収入とあわせ、約1135億円で、幕府と同じくらいの収入だったようです。

 ただ、大きな組織だと、収入は多くても、家来への給料などの経費もかかるので、そんなに経営がラクではなかったようです。今の企業と同じですね。

町奉行/与力

いまの公務員の幕府の役人たちも、町奉行クラスだとかなりの高収入でした。北町奉行・大岡忠相の年収は約2億円で億万長者。奉行所の与力(管理職)クラスは約1100万円、同心(担当)クラスは228万円です。

いまの日本に比べ、かなりの「格差」がありました。

もっとも、偉くなると、色んな出費も多く、そんなに生活はラクではなかったみたいです。

職人

職人の給料はどうだったのでしょう。19世紀(江戸後期)の日雇いの大工の例です。夫婦と子ども一人の三人暮らしで、借家住まい。一年間355日(旧暦)のうち、正月と節句、そして悪天候の日が休みで、実働は294日。年収は、いまのお金で約429万円です。

農民

農民の平均的な年収はいくらだったのでしょう? 武蔵豊島郡(いまの東京都板橋区)の例です。

夫婦二人暮らしで、忙しい時期には日雇い一人を雇います。米の収穫は、米俵で57俵くらい、また畑五反で、大根を約2万本生産。二毛作で自分で食べる麦を作っていました。

 いまのお金にすると、米の収入は324万円で、大根の収入は約338万円(大根1本135円)です。米と大根を合わせ約662万円が年収となります。なお、税金の年貢は、14俵余りと畑作分銭3000文で約89万円で、手取りは573万円になります。いまの平均的な農家よりゆとりがある感じです。でも、すべて手作業の重労働であり、休みが少ないのでキツイ仕事ですね。

江戸(あるいはその近郊)の職人や農民たちは、仕事のキツさはさておき、それなりの収入があったみたいです。

年貢も、時代劇で重税に苦しむ百姓たちのイメージよりは、実際は、それほど重くもない感じです。これは、地域差がかなりあったみたいです。

便利にはなったけれど、なんだか今の日本の方が、貧しくなっている気がしませんか?

まとめ

江戸は「高いものはものすごく高く、日用品は、けっこう安い」という町だったみたいです。百均やドン・キホーテがあるいまの日本に近いのかもしれません。

江戸でいちばんお金に苦労しているのは、経費がかかるわりに収入が少ない、下級武士だったようです。

こういう知識があると、歴史の本や時代劇の見方が少し変わってきますね。

いかがでしたか?

面白かったですか?

コメントとかも頂けるとうれしいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

Youtube「人生わくわくゼミナール」で講師募集中!

あなたの力を貸してもらえませんか?

多くの人がイキイキ、わくわくする人生を送るための有意義な情報発信を目指しています。

まずは、こちらのYoutube「人生わくわくゼミナール」のチャネル登録をお願いします。

人生変えてみませんか?

まずはチャンネル登録お願いします。↓↓

「人生わくわくゼミナール」をチェックする

給料明細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

世界を知り尽くしたビジネスマン 海外で駐在員として12年生活し、世界40カ国以上を旅しました。小さい頃からの夢だった海外での生活。それを実現させるために大手のメーカーに就職し、海外で欧米の大手企業とビジネスの土俵で闘ってきました。 しかし、より自由に行きたいという気持ちが高まり、サラリーマンに限界を感じ、起業を決意しました。 また自由な生活を求めるサラリーマンが経験や知識を活かしながら、最小限のリスクで時間やお金をかけずに副業という形で起業をスタートさせる方法を共有出来ればと思います。 人生を楽しむために多くの人との素敵なつながりをトライ中です。 いつの時も上を向いて歩いて行きたいと思います。 明るい未来に向かって。 人生と言う旅路を精いっぱい楽しみながら。