日本のパスポートがランキング1位に

日本のパスポートがランキング1位に

CNNの記事によると、ビザなしで渡航できる国の数を比較した世界のパスポートランキングで、日本とシンガポールがトップに立ったそうです。

ランキングは市民権や永住権の取得支援を手掛けるヘンリー&パートナーズがまとめたもので、2018年2月版の報告書によると、日本とシンガポールのパスポートは、ビザなしで渡航できる国がそれぞれ180カ国と最も多く、2位のドイツの179カ国を抜いてトップに立ったとの事。これって凄いですよね。世界の中でも有利な立場に居るってことですよね。海外旅行に行かないなら宝の持ち腐れですよね。最強パスポート持ってるんだから、旅行をもっと楽しんだらいいと思います。でも自由な時間が取れないので、なかなかまとまった休みが取れないのが現実。何だかなあ~という感じですね。

日本とシンガポールというアジアの裕福な2カ国のランキングが上昇した背景について、シンガポール国立大学のパラグ・カーンナ氏は、「国民が主にビジネスと投資活動に関心をもつ、平和的な商業大国と見なされている」と解説しています。このイメージをうまくビジネスに活かしたいですよね。

3位は韓国、デンマーク、フィンランド、フランス、イタリア、スペイン、スウェーデンが並らび、ビザなしで渡航できる国は178カ国。マレーシアも169カ国のビザ免除で11位に上昇。米国は176カ国で5位にとどまった。ロシアは3位上昇して45位。中国やアイルランドのビザが免除になったアラブ首長国連邦のほか、ウクライナ(42位)、ジョージア(54位)のランキングも急上昇中。

一方、ランキング最下位はアフガニスタンでビザ免除は24カ国。次いでイラク(27カ国)、シリア、(28カ国)、パキスタン(30カ国)、ソマリア(32カ国)の順。

こうやってみると現在の国としての経済や政治の状況を表している面がありますね。

やはり安全で楽しい旅をしようと思うと、出発前に旅行先の色んな情報を収集する必要があります。そんな時にお薦めなのがプロの添乗員夫婦の方が書いた旅行ブックです。色んなためになる情報が満載ですので、ぜひチェックしてみて下さい。↓↓

添乗員夫婦が書く世界旅行ブック

まあ、兎に角、世界最強のパスポートを持って、自由に海外旅行を楽しめるようにしたいと思います。

海外旅行に関するちょっとお得な情報

あまりお金をかけずに旅行をしたい人、世界中の若い人と触れ合いたい人は、エコフレンドリーなグリーンホステルという選択は、いかがですか?

ウェブ上で最もお得な値段で世界中の最高のホステルをチェックできるサイトがあれば便利だと思いませんか?

しかも、さらに無料でイタリア最も魅力的な街で泊まる特典もついています。

その特典とは・・・・・・・

  • 1回のご予約で5泊以上のご予約された方にベネチアのホテル1泊無料プレゼント。
  • 2泊以上の予約を5回以上された方には、ベネチアのホテルに週末無料で宿泊できる特典プレゼント

↓↓↓



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

副業で起業して自由な人生を楽しもう!

稼ぐために有益な情報を配信中。 メルマガ登録はコチラから↓↓
*メールアドレス
*お名前(姓)
配信停止は、いつでもできます。お預かりした情報は保護されます 迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

世界を知り尽くしたビジネスマン 海外で駐在員として12年生活し、世界40カ国以上を旅しました。小さい頃からの夢だった海外での生活。それを実現させるために大手のメーカーに就職し、海外で欧米の大手企業とビジネスの土俵で闘ってきました。 しかし、より自由に行きたいという気持ちが高まり、サラリーマンに限界を感じ、起業を決意しました。 また自由な生活を求めるサラリーマンが経験や知識を活かしながら、最小限のリスクで時間やお金をかけずに副業という形で起業をスタートさせる方法を共有出来ればと思います。 人生を楽しむために多くの人との素敵なつながりをトライ中です。 いつの時も上を向いて歩いて行きたいと思います。 明るい未来に向かって。 人生と言う旅路を精いっぱい楽しみながら。