斎藤一人さん – ついてる話

お待たせいたしました。ただいまから、始めさせていただきます
始める前に、一分だけちょっと話さしてください。
それから、講演に入ります。(動画を見たい方はコチラから↓↓)

私、テレビも出ないし、当然、講演とかって考えたこともなかったんです。
それが、今日、最初で最後という形で、講演をさしていただくことになりました。
あと30秒で、この経緯だけをちょっとだけ話さしてください。

先ほど、ついてるって言ったシバムラ社長がですね、

社長、ちょっと大阪来てください。
東京のパーティーに行けない方がいますから。
お茶会をやりますから、ちょっと来ていただけますか?

そのときわたしが出した条件が、すごいです。

わたしは、講演をしないってことは、あまり上手じゃないんだ、カラオケでも、中々歌わない人ってね、無理矢理歌わしても、やっぱし、この人は、歌わないわけが分かった。
大体、そういうものなんですよ。

それで、わたしが出した条件は、わたし出演料なしにしてください。
電車賃はわたしでだします。

タダですから、これ。

わたしとしてはですよ、一応、往復電車賃持ちで、しゃべっとります。
そのことを、一つちょっと言っとくと気も楽になるんですよね。
わたしとしては。

それですね、第一部。
『ついてる話』っていうのと『正しいことより楽しいこと』
それから、『プロになる話』

これを第一部でしてください。
そのあと、フリートークになります。
フリートークで、ここに書いてあることを話してください。

それは、フリートークじゃないんじゃないか。そういうことですね。

もう、人間っていうのはね、逃げられるものは逃げるしかない。
逃げられなくなったら、頑張るしかない。これが、日漢方式なんです。

今日は、もう、逃げる必要はないし、逃げれない。
そう思ったら、皆さんのお顔見えてたら、わたしは、本当に幸せになりました。

ついてる話

それでですね、『ついてる話』いきましょうよ。
ツイてるツイてるってなんですかっていうことになると思うんですけれど、ツイてる…

わたしも毎年、納税にのせてもらってます。
それから、わたしは、中学校しか出てないんですよ。
それで、なぜ、中学しか出なかったのかっていうと、非常に成績が悪かったということですね。
大概は、簡単な理由なんです。シンプルですね。

それで、その非常に、わたし成績が悪かったんですけれど、その中で、授業をしながら、成功する方法を知っているんだよ。
それから、サラリーマンのとしても、人生でも成功する方法を知ってるんだよ。

なぜか、知ってるんです。なぜですか?って言われると困っちゃうんですけど。
なぜか知ってるんです。それが、実は、ツイてるという言葉なんです。

物事は考え方次第

この言葉を言ってると、あとでいろいろ実験してもらったり、いろいろするんですけど。
ツイてるという言葉には、すごい力がある。

朝の出かけにですね、下駄の鼻緒が、プスっと切れる。
そういうことありますよね?ったら、今、下駄履かないとか言われて、難しい時代になってきちゃったんですけど。
それでですね、まあ、例え話です。
下駄の鼻緒がプスっと切れた。そこで、3つに人は分けられる。

1つは、なんか縁起悪いな。やなことが起きんじゃないんだろうかっていうのが1つありますよね。
これ、否定的なんです。

で、普通ってなんですかったら、物理的にですね、そろそろ切れる時期であった。
物理的ですよ。これがね。ほとんど、あの、ひのたま先生と同じみたいな考えなんですけど。
物理的に切れる時期であった。
これが、普通の人なんです。

で、ツイてるひとってなんでしょう。

ツイてるひとっていうのは、今切れてよかったよ。
これ、出かけに途中で切れたら、困っちゃうよね。
今なら、パッパッとつなげるか、別のもん履いてこうってことになりますよね。

だから、3つのことをどちらに考えるかっていうことなんですよ。

人は、なんでも肯定的に捉えるんだ。って思うでしょ?
でも、あたしの話は、もうちょっと意味が深いんです。

ツイてるというと、ツイてることが起きちゃうんです。

ツイてると思うよと言ってるんじゃないんです。
この話はね、説明がね、ちょこっとだけ難しいんです。
後でしますね。

そしたら、あ~なるほどと思います。
半分の人がね。
半分の人は、思います。

でも、この人は、全部思うかもわかんない。
変な人の書いた成功法則なんて、普通買う?
こんなもん買うやついねえだろって思っていたら、買った人がいるんです。

で、驚いたのが、その話を聞きに来た人がいるっていうのがね、わたしも驚いたんですけど。
変な人も探しゃいるもんだ。
さっき、あそこをちらっと見て、同じ顔してるな、わたしと。

言霊のチカラ

これがですね、高いところから落ちてく。
ごつんと当たる。

ツイてないなって思っちゃいけないんです。
俺は、ツイてるんだ、ツイてないやつは、これが、頭に当たって、脳みそが砕け散ってと。
蟹みそみたく死んでったんだと。

ところが、俺は、ツイてたから、ここにしか当たんない。
わかります?

車もそうです。
コツンとぶつけられた。
そのとき、ツイてないなって言っちゃダメなんです。
ツイてないなっていうと次は、大事故に遭うんです。

ところが、俺は、ツイてるよ。
コツンで済んじゃったんだ。
あと1秒ずれてたらドカンだよ。

わかります?

ドカンといって俺は、死んじゃったかわかんないって、そういう話をすると、否定的な人間は、お前、ほんとにツイてるんだったら、ぶつかりっこないよとか言うんです。
そういう人間と付き合っちゃあダメ。
友達変えたほうがいい。

ツイてるということが大切なんです。

言葉の波動

ここは、地下ですから。
電波が流れてないと思います。
でも、今地上に出ると、電波がいっぱい流れてます。

波動ですね。波動。

なぜかっていうと、携帯電話、わたし青森に行ってても、例えば、サイトさんのピピピピって鳴ると青森に鳴りますよね。
沖縄でも鳴るんです。
あの電話ね。

てことは、本当は、日本中に、サイトさんというこういう電波がね、サイトさん探しちゃってる電波が、電波が飛んでるんですよ。
だから、ものすごい量の電波が、飛んでるんです。
この宇宙の電波の中に、ものすごい幸せな電波と不幸を呼ぶ電波があるんです。

信じられないでしょ?
半分の人は信じられると思います。
おなじみですから。

よろしくお願いします。
知ってる人が大きくうなずいてくれるとすごいやりやすいんですよね。

それでですね、テレビが第6チャンネルをガチャガチャっと回すと、第6チャンネルへ入ってきますね。
ところが、それが、カチャカチャっと回して、第8チャンネルにすると、第8チャンネルが流れる。
電波は、今もそこにあるんです。

わかりますね?
あるんです。
カチャカチャってやる前から、あるんですよ。
電波はね。

その時にカチャカチャと6にしたときに、実は、6ですよって電波が出るんです。
テレビから。わかります?

受けてるだけじゃないんです。
6ですよって出してるんです。

だから、わたしが、何があってもいいんだ。
今日、車こづらえちゃったけどさ、ほんとにちょっとでツイてるよって言うとツイてるよと最後のツイてるよと言葉と同時に、この人のことだってツイてるのがタァァァ!っと来るんです。

ところが、今日はさ、ツイてなくてって。
ツイてないからツイてないんってつってんだから、いいじゃないか。

ただ、いいんですよ。
ほんとに、いいんですけど、ツイてないよってわたし言っちゃったでしょ?
そうすると、ツイてない方がタァァァと寝ても覚めても、来てるんです。

危ない危ない。
ほんとは、ツイてるんです、わたしは。
わかります?

ツイてないって言っちゃうと、宇宙のエネルギーがドンドンドンドンドンドンドンドン際限なく入ってきちゃう。
わたしは、寝ても覚めても、ツイてることがいっぱい起きてくるんです。

だから、中学校しかで出なくても、十分なんです。
ほんとに優秀な人は、義務教育で十分なんです。
どうしても、足りない人が、補習のような形で、高校行ったり、大学行ったりされると。

わたしは、理解してるんですよ。
あんま、外行って言っちゃダメですよ。
ここだけで通る話ですからね。

困ったことは起きない

それで、わたしの身内って商人だから、親が勉強しなさいよって言っても、学校の先生がお前この方程式ができないと困るぞって先生がが言っても、親が方程式やってんのみたことないんです。
だから、困らないって知ってたんですね。
意外と頭よかったのかもわかんないですね。

斎藤、お前、英語ぐらいしゃべらないと外人に話しかけられて困るぞって言ったんだけど、私いまだに、外人に一回も話しかけられたことないんです。
ただの一度もありません。
ツイてる人の人生ってこういうもんですよね。
困らないようにできてるんです。

それで、ほんとに英語が必要な人は、英語を聞くとさわやかに聞こえるんです。
私みたいに、英語に縁のない人は雑音に聞こえちゃうんです。
それが。すっごくわからなく聞こえるんです。
あれが、心地よく聞こえる人は、そういうことをする運命なんです。

人間は、困らないようにできてるんです。
それを親が、お前これやっと困るぞとか。
ほんとに困ると思ってる方が自分が困るんです。

お母さん今から、大学行って下さい。
あなたが困ると思ってんだから。
困らないと思ってる人は、困らないんです。
困ったことは起きないんです。

魔法の言葉

ツイてるよ。
ツイてるってこの言葉は、ほんとに魔法の言葉なんです。

右手をお金のマーク。見て下さい。
右手ですよ。
左手やっちゃダメですよ。

横の人を見る。
右の人を見る。
右ってこっちか。右の人を見る。

それでですね、じゃ、社長上がってきてください。
いいですか?

これね、オーリングって言うんです。
よくね、ここに、自分の体に悪いもの乗せたりすると、オーリングがパッと開いちゃう。
良いもの乗せると、自分の体に良いもの乗せてたら、波動が強くなる。

これ知ってる人も、半分はいますね。
ここにね。

いいですか?
これですね?
ツイてないツイてないって連続してて。

(ツイてないツイてないツイてないツイてないツイてない)

わかります?
ツイてないって言っただけで、体の力が抜けちゃうんです。

俺は、なんで、癌になったんだろう?
ツイてないんです。

わかります?
俺は、なんで、胃潰瘍になったんだろう?
ツイてないんです。

なぜだと、同じ生活しててもならない人いるんです。
遺伝だったら、ずーっとね、大体癌の遺伝、家系ってあるわけない。
そしたら、はるか前に、死に絶えてんだから。

よく考えれば、分かる。
じゃあ、今度はツイてるツイてるね。

(ツイてるツイてるツイてるツイてるツイてるツイてるツイてる)

この力。
自分でね。ちょっと試してください。
この言葉が入ってくるだけで、エネルギーが入ってくるんです。
エネルギーが入ってくると、力が違っちゃうんです。

ちょっと隣の人にですね、こちらに向い…こちら。
だから、こちらの人がやるってのはどうでしょう?
誰かちょっとやってみてください。

まず最初、ツイてないからね。
もうね、力が何倍って違うんです。
だから、同じ薬を飲まれる時もツイてるって飲んでると細胞は全然違いますね。

おっけいですか?
大丈夫ですね。
やってみましたね?

奇跡を起こす

ちょっと、あたし、暑くなってきたんで頑張ります。
ツイてるっていう言葉は、今言っただけで、細胞にこんだけ力が出るんです。

仕事もそうなんです。

それもまた、ツイてないと思ってる人は、ツイてないと思ってるから、何もしないんです。
だから、能力がいっぱいあっても、わたしも学生時代ですね。
頭のいい人っていっぱいいたんです。

だから、斎藤さんは、頭が良くて、偉くなったとか出世したとかって絶対ありません。
これは、わたしが、保障します。
学校の先生もこの前、この前力を入れて言ってましたから。
それは、自他ともに認めてますけれども。

それで、働き者かというと、それは、違います。
喫茶店で、会ったとか言いましたよね?
わたし、一年の10か月ぐらい旅行に行ってますから。
働き者だなんてことは、決してありません。

そうすると、残ったものは何だろう?

運なんです。

運ってすごい大切で、その運っていうのは、いくらでも運が良かったっていうのは、たまに来るもんだと思ってる。
ところが、運がいい、運がいいって言ってると、運ってどんどん良くなっちゃうんです。

そうすると、奇跡が起きるんです。
奇跡を起こせばいいんです。

だから、わたしが、納税で一番になるっていうのは、1億2000万分の1なんです。1億2000万分の1ですよ。
2年目っていうのは、1億2000万×1億2000万なんです。
6年連続するってことは、1億2000万×1億2000万×1億2000万…まだか。
1億2000万と。

大変な数でしょ。
いくつになるかわかりますか?
わたしは、知ってるんですけれど、今日は時間がないから発表しません。

ただ、何度でも起こせるよ。
来年も起こすよ、再来年も起こすよ。

なんでかっていうとツイてるんです。

よく、ほかの人で、斎藤さんのことを目標にしたり、ライバルだと思ってます。

やめなさい。
あなた、実力なんだから。

で、わたしは、運なんだ。
運は天が与えるものだ。
天と喧嘩しても勝てないからやめなさい。

俺のこと、やっつけるんだったら、もっとツイてる人間になりなさい。
ツイてる人間、そんな怖い顔してない。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

副業で起業して自由な人生を楽しもう!

稼ぐために有益な情報を配信中。 メルマガ登録はコチラから↓↓
*メールアドレス
*お名前(姓)
配信停止は、いつでもできます。お預かりした情報は保護されます 迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

世界を知り尽くしたビジネスマン 海外で駐在員として12年生活し、世界40カ国以上を旅しました。小さい頃からの夢だった海外での生活。それを実現させるために大手のメーカーに就職し、海外で欧米の大手企業とビジネスの土俵で闘ってきました。 しかし、より自由に行きたいという気持ちが高まり、サラリーマンに限界を感じ、起業を決意しました。 また自由な生活を求めるサラリーマンが経験や知識を活かしながら、最小限のリスクで時間やお金をかけずに副業という形で起業をスタートさせる方法を共有出来ればと思います。 人生を楽しむために多くの人との素敵なつながりをトライ中です。 いつの時も上を向いて歩いて行きたいと思います。 明るい未来に向かって。 人生と言う旅路を精いっぱい楽しみながら。