アフィリエイトビジネスの手法-DRM基本編

最近は、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)のノウハウを使ったビジネスが増えてきています。

今回は、この代表的なマーケティング手法の1つであるDRMについて解説します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)とは

DRMは売り込みのみの営業手法と違って、お客様から 「何らかの反応」 をもらい、反応してくれたお客様をターゲットにするマーケティング手法です。

DRMのメリットは、これから説明する3ステップを経ることで、お客様の方から「商品を欲しい!」という状態を作り出せる点です。

押し売りすることもなく、お客様自ら、「有料でもこの商品が欲しい!」という状態にしてくれるので、非常に効率が良いビジネスになります。

DRMの3ステップ

DRMには3つのステップがあります。

それは、集客・教育・販売です。

簡単に言うと、

  • Step1 集客 : お客さんを集めて、
  • Step2 教育 : 購買意欲を高めて、
  • Step3 販売 : 買いたい!

という状態にするということです。

DRMの成り立ち

ここで理解を深めるために、DRMの成り立ちについて少し学んでみましょう。

そもそもこのDRMは、100 年以上前からある王道的なマーケティングの一つなのです。

例えば、生産者が遠くにいる客に大豆を売りたい。しかし昔ですので手段がありません。ですから、まず卸業者に卸し、卸業者が近くのショップに卸し、最後にショップから客に売る。中間業者を挟まなければいけませんでした。(たとえば生産者が)1000円で売って、ここ(卸し)で1500円になって、ここ(ショップ)では2000円で客に売ることになっていました。

ただこれは非効率のため、当時行商をやっていたアーロンさんという人があることに気づきました。生産者から客に直接売ればいいのではないかと。生産者が1500円で売れれば、もともと1000円で売っていたのでラッキーですし、客も2000円で買っていたのが、1500円で買えるのでラッキー、win-win です。徐々にこのマーケティングが広がっていきました。

ではどのようにして、生産者が(客に)売り込んだか?

それは、手紙やチラシでした。

(当時)リストを集めるということは、客の住所を集めるということだったので、業者から名簿を買い、その住所に商品案内を送る(教育)ということをしていました。そして客は(気に入ったものがあれば)、生産者に手紙を返して注文となり、(生産者が)商品を発送して契約が完了(販売)していました。

しかし、文明が発達してくると、徐々に生産者が客に商品を告知する手段が増えてきました。たとえば、電話、ファックス。一番インパクトが大きかったのは、インターネットです。メールが出てきました。手紙も電話もお金がかかりますが、メールだとほとんどタダで送れます。

メールアドレスを取るのはそんなに難しくありません。(たとえば)プレゼントキャンペーンと謳い、登録してもらう、そしてそこに対して販売サイトのURLを載せたメールを投げ、客が買えば契約成立となります。インターネットは、リストも取りやすいし、お客も買いやすい、コストもかからないです。電話ですと、レバレッジが効かず、あまり数が打てません。しかし、メールだと(何件でも)タイムラグなしですぐにやれ、一通メールを書けば終わりのため、作業量も少ないです。とても効率がよく、広がってきました。

今の時代、インターネットとDRM の相性がいいため、DRMが非常にやりやすくなっています。これをやるのが一番いいです、コストがかからず、レバレッジがきくため、中小企業や個人事業主がやるといいです。大企業でなくてもできるという点が、DRM のすごいところです。

まとめ

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)は代表的なマーケティングの一つである。

  • 集客、教育、販売の3ステップを経る。
  • 見込み客から「反応」をもらい、その見込み客のみをターゲットにする。
  • そうすることで、効率よく商品を販売できる。

ここまで理解できたら、

次は、アフィリエイトのマーケティング戦略 – DRM応用編

で詳しく解説したいと思います。


副業で起業して自由な人生を楽しもう!

稼ぐために有益な情報を配信中。 メルマガ登録はコチラから↓↓
*メールアドレス
*お名前(姓)
配信停止は、いつでもできます。お預かりした情報は保護されます 迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

世界を知り尽くしたビジネスマン 海外で駐在員として12年生活し、世界40カ国以上を旅しました。小さい頃からの夢だった海外での生活。それを実現させるために大手のメーカーに就職し、海外で欧米の大手企業とビジネスの土俵で闘ってきました。 しかし、より自由に行きたいという気持ちが高まり、サラリーマンに限界を感じ、起業を決意しました。 また自由な生活を求めるサラリーマンが経験や知識を活かしながら、最小限のリスクで時間やお金をかけずに副業という形で起業をスタートさせる方法を共有出来ればと思います。 人生を楽しむために多くの人との素敵なつながりをトライ中です。 いつの時も上を向いて歩いて行きたいと思います。 明るい未来に向かって。 人生と言う旅路を精いっぱい楽しみながら。